ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト

  • ぼのぼの最新情報
  • ぼのぼの公式グッズ情報(Twitter)

キースの担当者日記

おはようございます。
水曜日、暑いです。
さて、時間があるので、クレセント錠の話を書きます。
このクレセント錠、簡単に書くと、サッシの錠なんですね。
サッシを閉めるときの鍵なんですね。
窓側にクイッて押して窓やサッシに鍵がかかるわけですね。
壊れたんですね。
土台の部分と、鍵の部分が壊れたんです。
取れたんです。
そして、家人が言いました。
「それ、壊れたんだよね~。サッシ買い換えないとね~。」
ん~?サッシ買い換える?サッシまるごと買い換えちゃうの?なんでかな~。
おかしいなあ~。サッシは壊れてないんだよね~。鍵が壊れたんだよね~。
なんで、鍵のところが壊れたからってサッシごと買い換えるという発想になるにょかにゃあ~。
わーたーしーにーはー!よく意味がわかりませんっ!あほんだらー!!
でも、私は、そんなことは言いません。ぐっと我慢して、
「鍵のことろを買い換えるから、それで、大丈夫だから、ホームセンターに行って
今度の日曜日に、直すからね。安心してね。お願いだから、サッシは、買わないでいいからね。」
ま、というのも、家人はクーラーのリモコンを無くしたら、クーラーごと買い換えようと
する人なのです。うらめしそうに、クーラー見てます。クーラー見るなー!
リモコン取り寄せてもらえばいいじゃん!頼むからリモコン無くすたびにクーラー買い換えるなんて
言わんでくれー、ああ、頭が壊れるー。
というわけで、この間の日曜日の夕方、ぎっくり腰もままならない体で、ホームセンターに
行きました。自転車こぎこぎ行きました。
売り場に、到着!いや~な予感。サッシの鍵の部分が50個くらいぶら下がってました。
これは、わからんわ、係りの人を呼びます。
「すんません、鍵が壊れました。鍵の土台は、コレです。さて、どれが合うのでしょう」
「あ~、クレセント錠ですね~、あ~、土台だけでは、わからないんです。鍵の部分も」
「ああ、鍵、もって来ますよ」
ぎっくり腰なのに、自転車こぎこぎ、家に着きました。
「あら、早かったわね~」
「(うるさいわい)、鍵の部分、忘れた~」
また、こぎこぎ、痛いよ、痛いよ、ホームセンターに、到着!
「あ~、もって来ました。これです」
「あ~、このタイプは、ないですね~、取り寄せますか?でも日曜日だからなあ~、
メーカーに在庫があるかどうかもわからないし~、これ預かれますか。」
というわけで、キース。もうひとつのホームセンターにこぎこぎ、痛いよ、痛いよ、
あ~、痛い。到着!
しかしね。自転車こぎながら思いましたがね。なんで、クレセント錠の種類ってあんなに多いの?
各メーカーで、規格を、あんなにばらばらに作る必要があんのかなあ?
でも、係りの人を呼びました。女の人。ちょっと心配。
「あの~、コレなんですが~」
「あ~、クレセント錠ですね~、これは難しいんですよね~」
「なんかね~、いっぱい種類がありますよね~」
「そうですね~」
といいながら、私のクレセント錠を取りまして、ぶら下がってる鍵を
どどどどと、取りまして、鍵を取り出して、並べて比較し始めました。
ここ、この人は違う!ちょっと、期待!
「土台の高さが大事なんですね。それと、この曲がってる鍵の部分」
といいながら、二人で高さの合う物を選んだのです。コレだ!
「とりあえず、これで、やってみます。駄目だったら持ってきます。」
「あ、その時は、レシートを忘れずに~」
ちょっと、自転車こぐのもうれしい感じでしたよ。
坂道だっ~て~、やっぱり、痛いのよ~。
家に、到着!
「どうだった~、合うの合った~」
「(うっせいうっせい、今からやるんだよ、黙ってなさいよ!)
ん~~~~、合わない~、高さは合ってるけど、受け口とねじの距離が違うのと
差し込むネジの間が、これは、短いので取り付けられない。え~また行くの~
あと何回行くんだろう。ちくしょう!もう、一回行ってくる~!」
今度は、車で行きました。すばやく、到着!
「あ~~~、駄目だったですかあ~」
「はい、合いませんでした、でも、あと、2ヶ所合えば、合格です。いいとこまで来てます。」
また、どんどん取って、並べます。
「こう比較すると、受け口からの距離が違いますよね」
「あ~~、ほんとだ~。勉強になる~」
「(この人えらいな~)だから、この距離と、あとは、ネジの幅があってるものを・・・。」
「これですかね。」
「おお、これは近いですね~」
「とにかく、クレセント錠は、難しいんですよ」
「ほんとですね~でも、これで、試してみます、ありがとう!」
というわけで、車で、ブブブーッて帰って来ました。
時間はすでに、7時半過ぎ。
「あ~ごはん先に食べちゃうからね~」
「はいよ~、(いいよ~こっちは、それどころじゃない~)、
合うように、合うように~、鍵が合いますように~、頼むから~合ってくれ~
この際何でもいいから合ってくれ~!もう行きたくねぇ~。
んん、やった~はまった~、長かった~出来た~うれしい~」
というわけで、クレセント錠の話でした。
私ね、ほんと、うれしかったですよ。
鍵がバシってはまったときには、なんかやりとげた気分でした。
ちなみに、クレセントとは、三日月のことらしいです。
あの鍵のくるって曲がってるところが三日月に見えるからだそうです。
日曜日、どんな月が出てましたか。
三日月でしたか。(笑)
それじゃ、また、明日。
長い話でおまけに、わかりにくくて、すみませんね。
ほんじゃ、また。

  • Pocket
  • LINEで送る