ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト

  • ぼのぼの最新情報
  • ぼのぼの公式グッズ情報(Twitter)

キースの編集者日記

金曜日です。
ここ飯田橋にも保育園があります。
朝、会社に来るまでの道すがら時々、保育園児に遭遇します。
20人弱の人数です。
飯田橋に小さい子供がどれくらいいるんでしょうか?具体的にはわかりませんが、
いわゆるビジネス街ですから、昼間の人口と夜の人口は確実に違います。
若い人は、働いているけど、住んでる人は老人が、多いのかもしれません。
すると当然、子供の数は少なくなります。
都会の学校も少なくなっていくんでしょうね。都会の過疎です。
話をもとに戻しましょう。
保育園児たちは、この前、保母さんといっしょにホテルの裏庭で、シャボン玉をしてました。
ちょっと、そこは木が少しだけあって、車も入って来ないのです。
そして、昨日だかは、ビルの谷間の道で、(ちょうど、木で出来た道なのですが)
2チームに別れてかけっこしてました。
そこも車は入れません。
保母さんたちはいつも安全を考えていますね。
飯田橋はあんまり土がないのが、残念です。
でも、子供達が遊んでいるそこだけが、何故か秋の陽射しに輝いて見えました。
話はかわります。
先日、竹書房から「中央モノローグ線」小坂俊史著が出版されました。
これは、中央線に住んでる何人かの女子のモノローグで構成された
4コマ漫画です。作者の小坂さんも漫画家にあこがれて、広島から上京してきたのです。
そして中央線沿いで暮らしていました。
が、この夏、遠野に引越しされました。
そう、岩手県の遠野です。
あの、遠野物語の遠野です。
河童が住んでいるという遠野です。
なんども、うざいかな。(笑)
いがらし先生が住んでいる仙台を通り越して、遠野に暮らし始めました。
今度はどんな漫画が生まれるのでしょうか。
遠野の秋を楽しんでいらっしゃるでしょうか。
4コマ漫画誌が出版界でデビューして、30年近くが過ぎました。
これからも、4コマ漫画界で、どのような作品が生まれてくるのか、とても楽しみです。
わたしも、がんばろうっと!と、思います。
しかしなんですな、遠野の保育園児は、カエルとかトンボとか
手にもって歩いてるんでしょうか?
というわけで、ちょっと、無理やりでした。(笑)
よい週末を、また、来週!

  • Pocket
  • LINEで送る