ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト

  • ぼのぼの最新情報
  • ぼのぼの公式グッズ情報(Twitter)

キースの担当者日記

はい、水曜日です。
いやはや、今日は久々にすっきりとしたよい天気です。
本日は、会議も少なく快晴でございます。(笑)
朝から書いてます。
さて、今日思いついた話は、今朝、日本犬(豆柴)を
散歩させている、おばあちゃんがおりまして、
その光景を見た娘が、「日本犬て、かわいいよね」と、申しておりましたところから
なんとなく、考えたのでありますが!
日本犬は、何故?何故に日本犬らしい姿をしているのかということであります。
何故に、あのように、毛が短く、わりと大きくなく、(もちろん、秋田犬や
土佐犬など、でかいのもいますが)、日本人らしいのかということなのです。
日本にプードルのような犬が、
最初からいても、なんら不思議ではないわけですよね。
しかし、何故?ゆえに日本犬は日本人に似ているのか?ということなのです。
人間と犬の遺伝子を交換したわけでもあるまいし・・。
それは、何故何かということなのです。
長い時間をかけて、日本人も日本犬もこの四季のある風土に
慣れ親しんで今のような形に進化したのでしょうか・・。
毛の長い日本犬もいて良かったでしょうし、
胴の長い日本犬もいてよかったのではないでしょうか。
しかし、西洋の犬たちは、なんとなく、西洋で生まれたような
顔かたちをしてますしし、それは、生まれてこの方、そのように
我々に情報が入ったからそうおもったのでしょうか、いやまて違う。
そうでなく、言葉にならない記憶のような何かが
日本犬を見ると懐かしいような気持ちにさせてしまうのは、
そういうことではないような気がします。
つまり、考えてもよくわからないのであります。(笑)
そういえば、「飼い主に似るという言葉」が、ありますが。
なんとなく、人は、飼い主に似た犬と散歩してるですね。
だからといって、依然として、よくわからないので、あります。(笑)
今日は、これまで!
また、明日。

  • Pocket
  • LINEで送る