ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト

  • ぼのぼの最新情報
  • ぼのぼの公式グッズ情報(Twitter)

キースの担当者日記

はい、木曜日です。
時代小説を、読んでいます。
今も時代小説は、にぎわっておりますが、
昭和30年代や、40年代にもにぎわっておったようで、
その頃の作家さんのものを今、読んで勉強しているのですが、
今日、読破した小説は、結局、悪役が誰であったか、わからないまま、
おわりました。(笑)
作家さんとしては、続編を書くつもりであったのか、どうかは、
もっと、その作家さんの作品を読まなくてはなりませんし、
ま、だからと言って、その作品が終わってないかといいますと
きっちり終わっていて。
悪役が誰であるかと言うのは、たいした意味が無いのだよと、
いうことを、伝えたかったのかもしれません。
いずれにしても、時代小説が、今、にぎわっているというのは、
今の時代を反映しているのでございましょうね。
やはり、悪い奴を刀で切るというのは、
読んでいて、スカッとするものですね。(笑)
正義が、勝つのでございます。
ま、ほんとうの世の中は、いろんな解釈がありますから、
何が正義で何が悪かは、その時々の状況で違ったりも
するんでしょうね。
そういうものもひっくるめて、時代小説は、
おじさんたちの押し込められた感情を解き放ち、江戸と言う非日常の世界へ
連れって行ってくれるありがたいパスポートなのかもしれませんね。
「ぎゃっ!」とか、いいながら、切られた悪役どもは砂をつかみながら
あの世に行ってしまうのでございますからね。
それこそ、勧善懲悪でございます。
それに、たいがいの時代小説の主人公は、いい男ですよ。
しかももてるんですよ。
そういうことになっております。
そこも大きなポイントなんでしょうね。
普段の人生では、なかなかないことでございます。
え~と、そういうわけで、時代小説を読んで勉強してるという話でした。
では、また、明日。
ごめん!

  • Pocket
  • LINEで送る