ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト

  • ぼのぼの最新情報
  • ぼのぼの公式グッズ情報(Twitter)

キースの担当者日記

いぢめる?
というわけで、
いじめないよう~!
え~、月曜日です。
今日から、また、学校という方もいるでしょう。
がんばりましょう。
おじさんたちは、毎日、会社に行ってるんだから!
ほんとうにえらい生き物だと思いますね。
何が楽しくて会社に行ってるんでしょうか!?
ま、他に行くところがないというのもありんすね。
わたしですね、
この前、肩が痛くて痛くて会社を休んだんですね。
で、50肩に効く温泉に行きました。
ま、効いたのですね。
肩が半分まであがりましたから。
本題はそこではないのですね。
で、そば食べて、道の駅みたいなところで、野菜を買いまして、
それから、家に帰りましたよ。
ブブーって、車を運転しながら、温泉は家から遠いので
家に近くにきましたら、夕方でした。
ちょうど、5時過ぎくらい。
渋滞です。
家の近くには、工場がありまして、
工場に勤めてる人の駐車場があります。
いっぱい人が出てきて、
車に向かって同僚などが語らいながら歩いてます。
そしたら、急に切なくなるというか、
もしかしたら、人はこの瞬間のために働いているのでは
ないかしらと感じたのです。
1日の労働が終わり、「さて、今から本屋にでも行くか。
それとも、CD屋さん?いや、家電の量販店。
いや、それとも、コンビニさんでアイスでも買って食べましょうか」
などと、話してるんでしょうか。
ま、想像力が貧困ですが・・。
そんな語らいの瞬間を味わいたくて
人は働いているのだなと思ったわけです。
なんか、会社に行きたくない。
がっこに行きたくない。
そりゃ、そうです。
そういうのは、よくわかります。
まあ、友達と話す会話は、たいした話ではないかもしれない。
そんなに、有益なこともないかもしれない。
でも、そこに同じ時間を過ごした仲間とちょっと共有できる瞬間があれば
それだけで、美しい。
その瞬間を、多く体験したいなと、私は、思ったんですね。
「おつかれさ~ん。また、明日」
「今度、ぼのぼの貸してあげるから~」
「ほんと~、ありがとう」
なんて、こともあるかもしれない。(笑)
なんて、ことが、あったら美しいよね。
その瞬間が、愛しいよね。
そんじゃ、また、明日。

  • Pocket
  • LINEで送る