ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト

  • ぼのぼの最新情報
  • ぼのぼの公式グッズ情報(Twitter)

キースの担当者日記

はい、どうも、今日は、すでに、夕方です。
みなさん、奥さん、おじさんは、少しぎっくり腰になりました。
昨日、知り合いがぎっくり腰だという話を聞いて、そうなりました。
なんだろうね。伝染するのかな~。だから、今は、痛いのよ。
え~~と、この間、姪っ子から連絡がありまして、
偶然、買った漫画のコミックスのあとがきを読んでいたら
おじさんの名前が出てきたと言っておりました。
まあ、竹書房から出版したものではなかったので、驚いたようです。
しかも、恋愛もののコミックスです。(笑)
姪は、おじさんは、ぼのぼのの担当編集者という認識が
強いでしょうから。驚くものしかたないですね。
おじさんは、実はいろんなお仕事してるのよ。
いがらし先生だってそうです。
そのコミックスの作家は、森雅之さんです。
森さん、お元気でしょうか。
美しい自然や、昭和の懐かしい少年を描くのが上手な作家さんです。
そのお話は、東京都と北海道の遠距離恋愛の二人が、手紙で
愛を育んでいくという話ですが・・。もちろん、携帯のない頃の話ですが、
電話はありますから、手紙など書かなくても電話で話せばいいのに、と、
今、読んだ人は思うかもしれません。でも、昔は、遠距離の電話は高かったし、
手紙でないと、伝わらない何かがあったのでしょうね。
いい話ですよ。私、最終回の原稿もらった時にうるっとしましたもの・・。
タイトルは、「追伸」です。
良かったら読んでみてください。
で、いがらし先生のぼのぼの以外のお仕事の原稿が届きました。
タイトルは、「我輩はぺネである」、この原稿は11月上旬発売の
あにまるパラダイスに発表されます。すごく面白いです。
まんがライフオリジナルで連載が始まったのが、「ひとねこぺネ」です。
もう、読んでいただきましたか?
うちの娘はぺネが、テレビを怖がるシーンで大爆笑してました。
かわいいのです。ひとつ、よろしくお願いいたします。
また、明日。

  • Pocket
  • LINEで送る